Project Zeroに関するよくある質問

お困りですか?
Project Zeroは現在どこで利用できますか?
資格のあるブランドであれば、Project Zeroは現在、米国、英国、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、日本、インド、メキシコ、カナダ、オーストラリア、ブラジル、アラブ首長国連邦、トルコ、シンガポール、スウェーデン, サウジアラビア王国、オランダでご利用いただけます。
Project Zeroへの登録にはどのような資格要件がありますか?
  1. ブランドが、公的機関に登録した商標を用いてAmazonブランド登録に登録されていること。
  2. 以下の条件を満たしていること。
    • 商標の権利所有者であること。
    • Amazonブランド登録を利用できるAmazonアカウントをお持ちであること。
    • 過去6か月以内に知的財産権侵害の可能性のある商品に対して申告を行い、申告が90%以上承認されていること。
上記の資格要件を満たす全てのブランドは、Amazonとの販売関係に関わらず、Project Zeroをご利用いただけます。
Amazonブランド登録に登録しましたが、まだ権利侵害の申告ツールを使用したことがありません。Project Zeroへの参加資格はありますか?Project Zeroへの資格はありますか?
いいえ。まずは権利侵害の申告ツールを使用して、知的財産権侵害の可能性のある商品をご申告いただきますようお願いいたします。
登録エージェントはProject Zeroの対象ですか?
いいえ。現在はブランド登録されているブランドの商標の権利所有者のみがProject Zeroにアクセスできます。
自分のブランドが1つの国でProject Zeroに登録されている場合、他の国にも自動的に登録されますか?
ある国でブランドがProject Zeroに登録されると、自動的に他の国でも登録されます。
ブランドオーナーがセルフサービスの偽造品削除ツールを適切に利用していることを、Amazonはどのように確認しているのですか?
Amazonは、ブランドにこれまでにないレベルの責任を与えています。これは、Amazonとブランドの強みを併せれば偽造品を撲滅することができると考えているためです。Project Zeroの権限を維持するためには、ブランドが99%以上の正確性を保つ必要があります。Amazonは、Project Zeroの登録プロセスの一環として行われる必須トレーニングや、ツールの誤用を防ぐための継続的な監視など、さまざまな方法で正確性の向上に取り組んでいます。
商品のシリアル化はProject Zeroに登録するための必須条件ですか。
いいえ。しかし、商品をシリアル化しているブランドは優れた成果を得ています。商品のシリアル化は、偽造品を検出し、お客様の手に渡らないようにするための強力な手段です。また、ブランドはシリアル化する商品を自由に選択できます。商品のシリアル化サービスは現在、米国、イタリア、フランス、ドイツ、スペイン、英国、インド、カナダ、日本、オーストラリアでご利用いただけます。より多くの国へのサービスの拡大に現在取り組んでいます。
Project Zeroは無料で利用することができますか?
はい。Project Zeroへの登録、自動プロテクション機能へのアクセス、およびセルフサービスの偽造品削除ツールの使用はすべて無料です。商品シリアル化サービスを利用するブランドには、数量に基づいて、ユニットあたりの費用をご負担いただきます。